音楽関連(エンタテインメント)事業

June Dream

JuneDream

リリース・アイテム

ゲイリー・ハズバンド & マーカス・ロイター

Gary Husband and Markus Reuter

Music of our Times
ミュージック・オブ・アワー・タイムズ

ゲイリー・ハズバンド(pf)
マーカス・ロイター(g)

Gary Hudsband

ゲイリー・ハズバンド(pf)
マーカス・ロイター(g)

"かつてレベル42のドラマーとしてメンバーを務め、アラン・ホールズワースやジェフ・ベック、ゲイリー・ムーアなどレジェンド級の名プレイヤー達とのツアーやレコーディングをこなしてきた鬼才ゲイリー・ハズバンド。2020年3月に来日が決定していたがコロナウイルスの影響により名古屋公演のみの演奏となってしまったバンド、スティック・メンのスペシャル・ゲストでキーボーディストとして参加するなどドラマーだけでなくキーボード・プレイヤーとしての才能も魅せる多彩な彼が、スティック・メンでギターを務める名プレイヤーのマーカス・ロイターと共に来日中急遽共同で制作/レコーディングされた新しいスタイルを切り開くニュー・アルバムをついにリリースする!

全編グランド・ピアノやエレクトロニクスを中心に展開されるアンビエント・ミュージックで構成されており、その美しく叙情的な世界観はブライアン・イーノを彷彿とさせる壮大な仕上がりとなっている。そこにマーカス・ロイターによるリバース・ギター・サウンドやフィールド・レコーディング的アプローチ、環境音などが加わり、ミニマルな構成に展開がもたらされより音楽的で幅広い表現を魅せている。同日にリリースされる後期キング・クリムゾン・サウンドを踏襲したマーカス・ロイターのニュー・アルバム『トゥルース』と対になるかのようなこの作品は、彼らの音楽的素養の深さ、新しい一面を垣間見ることができるファン必聴のアルバムだ!

リリース・アイテム

マーカス・ロイター・フィーチャリング・ファビオ・トレンティーニ・アンド・アサフ・シルキス

Markus Reuter featuring Fabio Trentini and Asaf Sirkis

Truce
トゥルース

マーカス・ロイター(g)
ファビオ・トレンティーニ(b)
アサーフ・サーキス(ds)

Markus Reuter

マーカス・ロイター(g)
ファビオ・トレンティーニ(b)
アサーフ・サーキス(ds)

"The Crimson ProjeKct、Stick Men、centrozoonなど数多くのプロジェクト、バンドに参加しているコンポーザー兼ギタリストであり、またレコーディング・エンジニアや現代クラシックの作曲家としても地位を確立している多才なアーティスト、マーカス・ロイター。様々なアーティストとのコラボレーションに華を添え活躍してきた彼の本邦初となるソロ・アルバムがついにリリースされる!

Moon Juneレコード100回目のリリースとなる記念すべき今作は、若手スティック奏者の第一人者として知られるマーカス・ロイターのタッチ・ギター奏法や音のテクスチャの魔法に加えて、イタリア出身の音楽プロデューサー兼ベーシストであるファビオ・トレンティーニのベースとイスラエル出身のジャズ・ドラマーであるアサフ・シルキスの強力なリズムセクションで構成されている。本作品のアルバム名にもなっているが、曲を聴くごとにトゥルース(休戦)の意味、余韻を感じる構成となっており、コンセプトアルバムとして完成されている。

後期キング・クリムゾンを彷彿とさせ、なお新しい要素を加えた素晴らしい仕上がりとなったプログレッシヴ・ロック・ファン必聴のアルバムとなっている。

リリース・アイテム

ソフト・マシーン

Soft Machine

Live at the Baked Potato
ライヴ・アット・ザ・ベイクドポテト 2019

ジョン・エサリッジ(g)
テオ・トラヴィス(sax,flu,E.pf)
ロイ・バビントン(b)
ジョン・マーシャル(ds)

Baked potato

ジョン・エサリッジ(g)
テオ・トラヴィス(sax,flu,E.pf)
ロイ・バビントン(b)
ジョン・マーシャル(ds)

"2018/19年に行われたソフト・マシーンの全世界を回るフェアウェル・ツアーは素晴らしく、ファンにとって感涙モノだったに違いない! 新作『隠された真実(原題:Hidden Details)』の楽曲を中心にソフト・マシーンの代表曲を散りばめ、カンタベリー・ミュージックの創始者であり、プログレッシヴ・ロックに於けるジャズ・ロック・サイドの先頭を突き進んできたバンドの姿勢を強く感じさせる素晴らしいパフォーマンスを繰り広げたからである。そんなソフト・マシーンが長きに渡るワールド・ツアーの最終戦を飾るロサンゼルスの名門ジャズ・クラブ<ベイクドポテト>での4デイズ・コンサートの3日目の模様を完全収録したライヴ・アルバムがリリースされる! 当初、アナログ盤のみをリリースする予定で企画されたが、ファンの反響から急遽限定版としてのCDリリースが決定される。 結成50周年を迎えながらも今後の活動のアナウンスが無いだけに彼らのラスト・アルバムとなる可能性があり、かつライヴ・バンドとしての魅力が満載の作品なだけにソフト・マシーンのファンは勿論、プログレッシヴ・ロック&カンタベリー・ミュージック・ファンにとって必聴のライヴ・アルバムだ!
(輸入盤国内仕様/解説付き)"